【童顔巨乳】大原優乃画像集

ohara 大原優乃

生年月日:1999年10月8日
出身地:鹿児島県
血液型:A型
身長:154cm
カップ:Fカップ
愛称:ゆーの
趣味:枝豆を育てること、雑誌を読むこと
特技:犬とカエルのモノマネ
弟:ダンサー大原明人
憧れのモデル:桐谷美玲、北山詩織
目標:土屋太鳳

2009年にNHK教育テレビの「天才テレビくんMAX」が立ち上げたダンス&ボーカルグループの募集に大原優乃さんは応募し、番組内のオーディションを経て「Dream5」のダンス担当面板に選ばれた
2014年にはTVアニメ版「妖怪ウォッチ」のエンディングテーマ「ようかい体操第一」を担当し、妖怪ウォッチシリーズの人気も相まって、この曲はヒットした。
2017年には「週刊プレイボーイ」でグラビアアイドルとしてのデビューを果たす。
童顔で豊満な体型が好評を博し、またたく間に有名になっていった。
2018年には「有吉反省会」に出演し、より知名度を高めていった。その出演の際に、「Dream5」で活動をしている時点で、胸が大きくなってきてしまったため、サラシを巻いて活動を行っていたことを明かした。
そして2019年には、「お前ら全員めんどくさい!」で映画デビューを果たし、年間30誌以上の表紙を飾るなど、グラビアアイドルとしても大きな飛躍をしていった。そして同年には最も多くの雑誌の表紙を飾った女性タレントとして「カバーガール大賞」のグランプリにも輝いた。

映像や雑誌を通して発信される大原優乃さんのイメージは、明るくポジティブな女の子とだったが、実はネガティブな部分も多く悩んでいたという。
グラビアモデルとして水着姿を撮られることにも自信が無かったらしい。高い声も、Dream5に属していた頃には、他のメンバーとの調和が取れないことから、自己紹介などの際にわざと低めの声を使ったりしていたという。

グラビアとしてデビューする前は、胸が大きいことがコンプレックスとして関していたのだが、周りのスタッフから「いつかポジティブになれるといいね」などのアドバイスを貰っていた。
「週刊プレイボーイ」が発売する前はとても不安で、Dream5時代のファンが離れるのではないかという不安もあったが、結果的にはとても好評で、自信を持てる結果になったみたいです。

写真を見ていただければ分かる通り、スタイルとしてはガリガリという感じではなく、男性が好むムチッと感。そして、存在感の強いFカップのバスト。中学生や高校生も見える童顔。
男性が好むであろう嗜好をすべて詰め込んだ素晴らしい方ではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました